「原因不明」コロナの初報告は中国当局からではなかったと判明 韓国ネット「何を今さら?どちらにしろ中国から始まったんでしょ?」

「原因不明」コロナ、WHOに最初に報告したのは中国ではなかった

世界保健機関(WHO)に昨年12月31日、中国・武漢で発生した原因不明の肺炎事例を初報告したのは、中国当局ではなく、WHO中国地域事務所だったことが明かされた。

これまで中国は、新型コロナウイルス感染症の実態を意図的に隠蔽してきたと批判され、昨年末の報告時も遅れたと指摘が出ていた。

今週新たに公開された日誌によると、WHO中国地域事務所は、昨年12月31日、武漢保健委員会のウェブサイトからのプレスリリースを発見し、中国の担当者に連絡。同日、WHO感染症情報サービスが、アメリカの国際伝染病監視ネットワーク プロメドによる「原因不明の肺炎」関連記事を収集した。

その後、WHOは1月1日と2日に、中国当局へ情報提供を要請。3日、中国当局が情報を提供した。

WHOは、4月に初期対応日誌を公開した際、武漢肺炎の最初の報告が昨年12月31日に中国から出たと発表しながらも、正確な情報源が明かされず、報告に問題はなかったとされてきた。

ソース元

 

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

中国が消えれば、ウイルスや微細粉塵などの無秩序で無知なものが消えるのに。本当に、本当に嫌だ。

いつまで隠そうとしていたのだろうか。

共産党国家、一党独裁国家の限界だ。
武漢肺炎が早くに発生したのに、後から申告して、微笑んでいたのでしょうね。

中国共産党は人間なのか?人間の仮面をつけた悪魔の集団なのでは?

どうせ中国から始まったということ。
今更になって、こんなことを言っても何が変わるんだ?すでに全世界が壊れていっている局面に。




発生地がアメリカだとでも言うのか?

中国共産党は10月から分かっていました。
とにかく、中国だね…それ以上に何の言葉が要るの?

多くの人が死んだ今になって言う?

中国当局だったにせよ、中国WHOだったにせよ、最初に発見したのが中国だから、中国内部の機関が発表したのでは?それなら結局、中国当局にせよ、WHO中国支部にせよ、中国で発症している。

中国は引き続きウイルスの実験。中国で多くのウイルスが生じる理由の一つで、そのうち間違って管理されて広がったものがコロナ。今後、中国では多くのウイルスが生じるだろう。
1月の韓国内ニュースでは、中国当局が人と人の感染はしないとと発表していたが、韓国の専門家は、その可能性は低いと言っていたというニュースが記事に出ていた。




アメリカの情報機関は昨年10月から知っていたそうだ。

本当に、文在寅政権によく似ている。
補償請求をしなければならない。

もう中国は世界の主敵である。

心から謝罪をして、賠償しなさい。
アメリカよ、この際に中国を地図から消そう。もう少し、楽しく生きてみよう。

9 COMMENTS

匿名

中国の責任は奴隷の朝鮮人の責任でもある。
これから来る全世界の請求書を、中国と一緒に払わなければいけない。

返信する
匿名

世界で一番最初WHOにMARSの様なウイルスを発見したと報告したのは台湾じゃなかったかな。
昨年末、台湾がWHOに報告したにも関わらず完全無視されたから台湾独自でいち早く防疫態勢に入ったから世界中でも感染、死者数が少なくて済んでいる。

返信する
匿名

感染者と死者数ごまかして各国の渡航規制を遅らせた時点で中共の責任大ですし

返信する

コメントを残す