GSOMIA協定終了に対する韓国の反応「韓国がホワイトリスト除外を抗議した時は無視したくせに(笑)」

河野太郎日本外相が韓国がGSOMIA協定を延長せずに終了することと関連して断固として抗議すると発表したと日本のNHKが伝えた。

NHKの放送によると河野太郎日本外相は「GSOMIA上程は安保分野で日韓間協力と連携を強化し、地域の平和と安全に寄与しているという認識のもとに2016年締結して以来今日まで毎年自動的に更新されてきたと明らかにし、それにもかかわらず今回は韓国政府がGSOMIA協定の終了を決定したことを現在の地域安保環境を完全に誤認する対応でしかなく、誠に遺憾である。」と明らかにした。

河野日本外相は「韓国政府は今回の協定終了において、輸出管理見直しを関連づけているが、2つの事案は完全に次元の異なる問題であり、韓国側の主張は決して受け入れられるものではなく、韓国政府に対し、断固として抗議する。」と付け加えた。 

河野外相は続けて、「日韓関係は現在今回の決定を含めて韓国側は極めて否定的で、非合理的な行動が相次いでおり、誠に難しいい状況が続いている。」と主張し、日本政府は多様な問題に対する日本の一貫した立場に応じて、引き続き韓国側に懸命な対応を強く要求していく考えである。」と締めくくった。

河野太郎日本外相はまた、この日午後9時30分ごろナム・グァンピョ駐日韓国大使を日本外務省に呼び、日韓軍事情報に関する包括的保全協定(GSOMIA·ジーソミア)を終了することにした韓国政府の方針に抗議しました。

河野太郎日本外相はGSOMIAを終了するという決断ざ安保環境をきちんと理解できていない決定であると誠に遺憾であると発言したと報じられた。

河野大使が異例的に夜間にナム大使を招致したことは韓国政府の方針に対する不満を強く表すための計算された行動と解釈できます。

ソース元

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

日本が焦っているところを見ると正しい選択だったんだなと思う。

本当に図々しいんだね

自分たちは安保のためにって言ってホワイトリストから除外しておいて、安保のための情報共有を求めるなんて支離滅裂じゃない?(笑)
簡単な論理…日本は韓国が信頼できない存在だって言っておきながら、韓国に対しては日本を信頼しろっていうわけ?意味不明…

こういう時こそ不買運動を徹底してやろう

ホワイトリスト除外国なのに、何の国家安全情報を求めてらっしゃるのか
韓国がホワイトリスト除外を抗議した時は無視したくせに(笑)




これが安保上信じることのできない国家と国家機密を共有したがる放射能国家の一例です

消えろ!!!
キャノン、ニコン(笑)バカじゃん

同盟国じゃないからって言ってホワイトリスト除外しておきながら、同盟国じゃない国と安保情報を交換し合いたいようだね

久しぶりに痛快だ

唾吐きたい
無礼な日本の回答




お前たちはいいのに、俺たちはダメなのか?!バカヤロウども〜

今の状況でGSOMIA終了は賢明な判断でした。よくやりました〜
契約期間が満了になっただけなのに…スッキリした

抗議はしてみろ、それしかできないだろうから

俺も河野に対して抗議したいことたくさんある
大統領府が今までしたことの中で、1番素晴らしいことだと思う…支持します

68 COMMENTS

匿名

もうフッ化水素横流し先の中国とズブズブでしたって白状してるようなもん

返信する
すげー

韓国の双眼鏡の情報と日本の衛星の情報
どちらに価値があるかもわからず
反日=正義と本気で思っていそう

返信する
匿名

日本マスコミが騒ぐ時は論理的か倫理的に叩いていいおもちゃが見つかった時だけ
焦ってる?とんでもない
あいつらはいいネタができたと大喜びだよ
戦々恐々としてるのは左派論客だけ

返信する
匿名

ホワイト国除外も結局は破綻を目前にした韓国経済の危機を日本の攻撃、国家総動員で対応するニダーにすり替えただけのムンムンマジックだしな。

返信する
匿名

馬鹿すぎる。そして日本人をわかってなさすぎる。
これは日本は困らずアメリカが迷惑して、韓国は終わる行為なんだよ。
日本がやめろというのは、困るからお願いしてるんじゃなくてただのポーズ。これが本音と建て前ってやつだよ。いい加減にわかれよ。

返信する
匿名

どこをどう見れば日本が焦ってると感じるのだろうか・・・w
元々衛星一つない国だからと軍事情報の面倒を見てやってたのに自ら破棄とか理解不能すぎてびっくりだわ。
まぁこれを機にビザ免除禁止と在日帰国が進めば日本も安泰だな。

返信する
匿名

情報統制、もしくは情報操作されてるんだろうなあー。こんなんアメリカに対してあいつらマジでやらかしましたってスタンス表明に過ぎないのに精神勝利してるw

返信する

コメントを残す