1000億円以上を費やした新国立競技場で英語表記に大恥 韓国ネット「英語ができない韓国は何も言えない!オリンピックは中止されるのでは?」

1兆を使った東京オリンピック主競技場「不合理な英語表記」でグローバルな大恥

東京オリンピックとパラリンピックの競技場となる国立競技場の英語表記案内板に、多数の意味不明な表現が確認された。

代表的な例は「カームダウン、クールダウン(Calm down、cool down)」、「こんにちは、私たちの競技場(HELLO、OUR STADIUM)」など。専門家は「日本が笑いものになるだけではなく、混乱を招く恐れ」と指摘。

不自然な英文表記がTwitterで紹介され、「1000億円以上を投資し、なぜ英語表記について十分に考えられなかったのか」とされた。

日本式の英語表記は「些細な」ミスもあるが、間違った翻訳や英語表現は過去にもあった。

国立競技場の広報担当者は、「現時点で変更する予定はない」と述べた。

ソース元

 

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

こんなことで日本の悪口は言えない。韓国もオリンピックの時は、おかしなことが多かった。

Calm down cool downは、Restroomと同じ意味に感じられるが。日本の公務員は本当に英語ができないのだと、改めて感じる。

和製英語の発音自体がおかしくて、他の言語になってしまう。
こんな時に、日本でオリンピックを開始すると?

日本も今、新型コロナの事態が小さいわけではないのに。

いくら英語ができないとは言え、ひどい。レベルが凄惨。
韓国の地下鉄の英語表記も指摘しろ。




斬新な考えが多い国だ。

どうせ開催もできなくなるだろう。
日本人たちは英語ができないのに、何を不思議がっているのか。

韓国の飲食店メニューを思い出すね。six time、ユッケ。bear thang、コムタン。

誰が誰に文句を言うんだ?韓国は?

人件費を節約しようとして、Google翻訳機を使っているのか。
何を今さら?地球上で英語ができない二つの国が、日本と韓国であるということを知らない人がいるのか。




何を気にしているのか。中止されるだろうに。

韓国も気を付けましょう。
I seoul youを議論する人たちは何なのでしょう。スローガンに文法を合わせるなんて。笑わせてくれる。

北朝鮮でも、それよりは良いだろうに。

オリンピック開催は可能なのか?
今は新型コロナのせいで、日本でオリンピックが開かれるのかどうかも未知数。

19 COMMENTS

匿名

安い会社に請け負わせてるんじゃなくて、適正入札額を教えておいた会社が請け負うシステムだからな
そこがアホであろうとぴったりの額を提示してきたらそこにせざるを得ない

返信する
匿名

翻訳チェックの会社通すだけでいいのに
うちの会社はマニュアルを英語で書くまでは自分らでやるけど、
最後にチェック通すよ
てか、それが普通だよね?

政府系の連中はマジで翻訳サイト使ってるんじゃないかと思う誤訳が多いね

返信する
匿名

ほんと、7000億の予算が3兆円になったくせに、ろくな仕事しないよな。
仲間内でポッケナイナイだけはしっかりしてるようだ

返信する
匿名

Calm downは、落ち着く…和らぐ…だから、ニュアンスでなんとなく分かるだろうけど、HELLO、OUR STADIUMは…謎だろうねw きっと「我が家へようこそ!」的な感じにしたかったんじゃないかと?
ただね…、英語圏の国で生活していると分かるけど、間違った単語や文法の使い方でもニュアンスから読み解くのは、日本人特有の読解力というか…器用なところでもあり、それを外国の人に理解してもらうには、ちょっと無謀じゃないかと…。
たとえば、日本語の「合う、会う、遭う、逢う」も、文字にすれば違いが理解できるけど、言葉だと伝わりづらいでしょ? でも、日本人はソレを相手の表情や声色や言葉のニュアンスから読み解いてしまう。だから、何かを説明するにも日本人はひと言ふた言で理解してしまうのに対し、外国人(特に英語圏)には1〜10を説明しないと理解してもらえず、逆に理解できない者には「オマエの説明が悪いからだ!」と言われてしまう事もしばしば…てか、ざらにあるw
日本人ってやっぱり器用というか…特殊なのよ! 漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、英単語、それらを自然と巧みに使い分けていて、そんな国…間違いなく日本以外に無い。
ルー大柴さんの「寝耳にウォーター」もそうだし、反町隆史さんの「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ…ポイズン♪」も、他の国の人からしたら、なんで突然に英語を?となり、困惑や意味不明になってしまう。ソレが出来ちゃうのが日本人であり日本語!
その感覚で英語にしちゃうと、謎の英語になってしまう…。
強気な人をビッグマウス「Big mouth」や、熱い所をホットスポット「Hot spot」なんて使う日本人も多いよね? でもコレ、英語圏じゃ「コイツのマ●コはガバガバ…」や「マ●コは気持ちイイぞぉ〜」みたいに訳されてしまう場合もあるw
俺自身も英語での失敗はあり、『君は何をしている時が落ち着く?』との質問に、米国人の友人は「恋人のカミラと添い寝している時」と答え、特に思い浮かばない俺は、適当な気持ちで俺も同じ!(右に同じ)という意味で、「me too」と答えたら、周囲は怪訝な顔つきというか…ドン引き。日本人の感覚でme tooを使ってしまうと、「俺もカミラと添い寝している時が落ち着く」という意味合いになってしまうのよwww
英語も難しいよねぇ〜。

返信する
名無し

建設会社の本店でさえ設計図書いてる人の7割が派遣社員なんだから
これぐらい当たり前、現場にも社員は行かず派遣だけで済ませるんだからw

返信する
匿名

本来だったら些細な間違いでも、プロとして恥ずかしいとか、細部にまで気を配らないといけないとか、そうなるものなんだけどね……なぜか日本人は、英語の間違いに対してだけものすごく寛容で怠惰、そして平然と開き直る、不思議。仕事は仕事なんだからちゃんとやって欲しい、いくらでもネイティブいるのに。

返信する
匿名

日本で開催なんだから、日本語で書いとけ。
他国で開催するとき、親切に日本語が書いてあったりするのか?

かつて植民地だった国では、英語が通じる。と、英語圏の人間は思っているが、日本もそう見られている。日本は植民地ではない。

返信する
雨水のソナタ

私はトエックで満点を叩き出したことがあるのでビジネス英語もサイエンス英語もperfectです。
確かに日本人の和製Englishは破茶滅茶で訳が分からないのはファクトです

返信する
匿名

公共事業系は特に多いが、競争入札で安い所に請け負わせてるからだろw
高いのに変なのは、指定業者制で、安いだけの孫請けって構造だなw

返信する

コメントを残す