日本政府が後期高齢者の医療費負担額を増額する方針 韓国ネット「韓国もそうするべき!見習わなければ!」

安部「高齢者、もっと医療費を出せ」…超高齢日本社会に勝負を投げた

日本政府は12月19日、中間報告書で一定所得がある75歳以上の「後期高齢者」の医療費負担を2022年から20%に上げるとの方針を提示。

日本経済新聞新聞は「年金や医療、介護などの社会保障費支給額が、2017年に約120兆円、2025年に140兆円に膨らむ見通し。日本の社会保障制度は、現役世代の保険料で高齢者のための支払いを支えてきたが、このままでは現役世代の負担が重くなり過ぎる」とした。

報告書には、紹介状なしで大規模病院を受診する際の初診料増額や、希望者に70歳までの雇用機会を提供する「努力義務」を課す内容も含まれた。

今回の日本政府の方針は、安倍首相の「決断」で貫かれた。

日経は、「今回の措置では不十分。2020年6月の最終報告書には、より確実な方法が提示されねば」と指摘した。

ソース元

 

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

医療保険をなくして、本人の負担を増やしながら。自分のお金を出して治療しなさい。

悪口を食らっても、するべき事をしなければならない!

外面を無くして、国を救おうとするマインドだね。安倍は嫌いだが、正しい。
選挙のためにショーをする文在寅に比べると、安倍は素晴らしいリーダーだ。

韓国でも、一日でも早く導入すべき政策。ますます老人が多くなるのに、若い人たちが多く負担しなければならないというのは、本当に間違った政策。医療給付で寿命が延長され、医療費の支出は増えるだけ増えれば、さらに不合理になる。

韓国も、最終的にはそういうふうにしなければ!
勝負を投じたようだが。すでに日本の負債がとても莫大で、どうしようもできないのに。アベノミクスは異常な事だった。




それが韓国の未来だ。

安部の方向が正しいでしょ。老人を生かせるために、若い世代が苦しむことはない。
保守政府が出てくれば、何が起こるか注意深く見てください。韓国も、廬武鉉の時までは無料だった医療サービスが、保守政府になると10年掛けながらも、現在では、ほとんどの患者の負担が25%ずつとなりました。本当にビックリ。

あれこれと、老人が問題になりやすい。

韓国は「文在寅ケア」として、実損補償型の保険料の等級がなくなると。来年、20%上がる。

韓国は老人者の医療費を凄く軽くしています。この病院、あの病院と、ショッピングのように通うのに。韓国は正常ではない。
安楽死の選択のようなものがあれば。長く生きるのが何だと。子ども達の負担だけが大きくなるでしょ。逝く人は逝くと。




長く生きるのが罪だと言うよう。

上手くやっているね。
まぁ、高齢者に多く負担させるのは適切に見える。

そういうことは学ばねば。

高齢者の医療費を削って若い人にもっと負担させる文在寅が正しいのか、老いて病気になるのが当然の、あまり所得もない高齢者に医療費をもっと負担させる安倍が正しいのか、先進国にどうマッチするのかがよく分からない。
それは正しい。

9 COMMENTS

とく

文ちゃんケア・・・だって
国民から税金巻き上げてそれを自分の「施し」みたいな
ネーミングで有難がらせるって どういう神経よ

返信する
名無しさん

基本的には是なんだけど一律ってのはダメだろ。
所得はそうだが、資産も鑑みて判断するべきでしょ。

返信する
匿名

病院は結局老人の憩いの場になり、出勤前に病院に行きたい現役世代が受診できない現状。
高齢者にばかり厚く保護をしたところで、国益にはならない。
必要な時に制度が使えるのならいい。
ただ憩いの場として制度を悪用する老人をどないかしろよ。
尊厳死を導入して、胃瘻で生かしてるような重篤患者を、本人が望めば楽に逝かせてあげられる制度があれば、無駄にコストが嵩む医療費を節約できるだろ。

返信する
匿名

これは結局、審議されないことになっただろ
資本主義は老害に媚びなければならないのが欠点だな

返信する

コメントを残す