日本輸出規制100日…『当初の懸念より打撃は大きくなかった。』→韓国ネット「実質的には果たしてそうだろうか」 | 韓国ネットの反応

日本輸出規制100日…『当初の懸念より打撃は大きくなかった。』→韓国ネット「実質的には果たしてそうだろうか」

日本輸出規制100日…『当初の懸念より打撃は大きくなかった。』

国内企業の影響、点検
半導体素材供給先の多角化。
国内強小企業への納入機会ができる
流通産業全般に「不買運動」が拡大

11日で、7月4日に日本が韓国半導体材料などの輸出規制を強化してから100日目だ。2ヵ月の間に韓国が日本のホワイト国家(輸出優待国)から外され、3大中核の半導体材料(フッ素ポリイミド、感光液、高純度弗化水素)の輸入期限が従来の1週間から最大90日に増えた。産業全般に規制が拡大するという悲観的な見通しは避けることができたが、危機感はまだ消えていない。

7月、3大品目の輸出規制が施行されると、政府は追加制裁が予想される品目159個を選別して自立化案を立てるなどの輸出規制の拡散に備えた。証券会社もシリコン、バッテリー、フランクマスクなど先端産業の中核素材を取り上げ、「全方位で日本の規制が拡大する可能性がある」と予想した。しかし、韓国企業の被害は現実化するものではなかった。日本政府が個別輸出規制の強化品目を半導体・ディスプレイの3大材料からは増さず、自律遵守企業に限って輸出手続きを簡素化するCP制度も維持することを決めた。サムソン電子とSKハイニクスは日本ではなく第3国を通じて在庫を確保した。産業通商資源部集計をみると、日本政府はこの2ヵ月間、フッ素ポリイミド1件、感光液3件、気体弗化水素3件など計7件の輸出を許可した。半導体回路設計に使われる液体不和水素を除いたすべての品目が輸入されたため、当初の憂慮よりも打撃は大きくなかった。

韓国の半導体業界は危機対応力を高めた。サムスン電子とSKハイニクスは、日本に一本化された素材供給線をアメリカ、シンガポール、台湾など諸国に多角化し、主要材料の供給の支障に備えた非常対応計画(コンティンジェンシープラン)を練った。国内の半導体後方産業も強化した。20年ぶりに三サムソン電子とSKハイニックスの国内取引窓口が開かれ、ソルブレイン・ホソン・ENFテクノロジーなど、国内の強小企業が大手企業に試験的に納品する機会を得た。日本との技術格差を縮めるために政府は研究開発(R&D)支援制度をリスクを需要連携型へと再編し、老朽化したテスト装備を交替することにし、強小企業100ヵ所を育成することにした。

国民の凝集力は予想を超えた。自動車、ビール、衣類、旅行などに対する日本不買運動が流通産業全般に広がり、韓国に進出した日本企業は打撃を受けた。ハナツアーやモドゥツアーの資料を見れば、去年一ヵ月間、日本旅行の需要は昨年同月に比べて75.4~90.8%下落した。韓国輸入自動車協会が集計した先月、日本車新規登録台数も昨年同月に比べ、59.8%減少し、7月第四週、国内8つのカード会社のユニクロの売上高は6月第四週に比べ70.1%ほど減少した。

専門家らは、韓日間の葛藤の長期化を防ぐべきだと口をそろえた。ソン・テウン延世大学教授(経済学)『長引けば、日韓両国が協力関係を維持するのが難しく、技術力の劣る製品を使うなど、非効率が発生する』とし、『すべての品目を国産化するよりは、国際市場で通じる核心品目を選ばなければならない』と指摘した。ソン・ギホ弁護士も『最初から日本政府は低強度の措置で始め、輸出を無力化しようとする枠組みを引き続き維持している。このような流れが長引けば、韓国企業が日本の技術を使える選択肢が減り、製品の競争力にも影響を及ぼすことになる』とし、『政治や外交問題ではなく、人権事案で解決しようとする試みが必要だ』と述べた。

ソース元

 

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

日本に行かないし、買わないようにしよう

日本製品の不買運動すると、代替品として国産品が増えたようだ。

ユニクロ最近売れているそうですが、不買しましょう。
日本が良いと思ったら大きい錯覚だったことに気付いた。

韓国がだめになると言ったやつたちはどこに行ったの?

日本不買運動を生活化しよう。
日本が韓国の経済を侵略したが、黙って見過ごすわけにはいかない。政府レベルでは仲直りをすると言っても、国民は不買と行かないことを続ける。




うちの子供達はもう日本のアニメも見ません

私たちが勝った!
経済独立運動は続けなければなりません。

どうして打撃が大きくないの?1ドル当たり1200ウォンが固定化されたのに。

むしろ利益だ。日本製品の不買で国産品がかなり増えたから内需市場の利益だ。

打撃は日本が受けているだろう。輸出減少、観光収入の減少。
敢えて日本の製品を買う必要があるのか?




専門家の懸念は分かるが、始めたことは最後まで見守らなければ分からない。

記事のように打撃が小さければ幸いだが、実質的には果たしてそうだろうか。完全に克服するために時間がもっと必要なようだが。
日本を超える技術を持つべき

教授、少し不便でも韓国のものを使って、その力で国内企業も力を得て、良い製品生産のために技術向上する努力をするのだと思います。

直接的に被害を受ける国民は韓国人じゃないの?
打撃が大きくないのではなく、日本が本格的に始めてないのだ。

18 COMMENTS

匿名

当初の懸念より打撃は大きくなかった。
年金が数十兆ウォン失われ、中小企業が多数倒産し経営者たちの多くが自ら命を絶っただけだ。

返信する
匿名

日本に殺る気は欠片も無いのに、韓国人は「殺される~!」と大慌て。
そうして数カ月が過ぎたなら、醜く増長かますのだ。
「我等優良種たる韓国人は、殺る気満々の巨大な敵と雄々しく戦い勝利した!」
心が虚弱な韓国人は、長期戦には耐えられず、敗北を飲み下すのにも耐えられず、
さっさと勝利宣言した後は、終わった事としてしまう。戦いなんざ、始まってすらいないのに。
安直過ぎる確信で、幻想の安心安定を、只それだけを希求する。
「慰安婦」をはじめとする嘘歴史への確信と、それを前提とした頑固な反日と同根の事態。
韓国人の心の弱さがここぞとばかりに露呈したのだ。またしても。
奴等が自分の弱さを認めぬ限り、同じ失敗を繰り返す。
幻想に浸かって溺れて恍惚のうちに土俵際まで追い詰められる。
今回は、日本の助けは無いだろう。

返信する

コメントを残す